前へ
次へ

正社員と契約社員の違いはかなり大きい

会社等に雇用されるときは労働契約を結びます。
正社員であろうがアルバイトであろうが必ず結びます。
アルバイトだと口頭で簡単に労働契約を結ぶときもありますが、どんな雇用形態でも書面の契約書を交わしておくほうが良いでしょう。
正社員以外には契約社員もあり正社員よりも条件が良くなっているときもあります。
正社員は期間の定めのない労働契約によって雇用される仕組みで、一旦入社するとその職場の定年の規程条件に達するまで仕事ができます。
もちろん自己都合退職や会社都合で退職しないといけないときもありますが、会社側から退職を迫られるケースはあまりないと言えるでしょう。
会社が倒産しない限り仕事ができる可能性があります。
契約社員は期間を定めた労働契約で、その期間内のみ特定の条件で仕事ができます。
ですから同等レベルの正社員よりも給料などの条件は高くなるときもありますが、期間が終了すると自動的に退職となります。
契約社員としての働きぶりが評価されれば期間終了時に正社員への契約変更を打診されるときもあります。

Page Top