前へ
次へ

介護の求人と専門性に対する評価が必要

介護の離職率に歯止めが掛けられない条項を生み出したのは、労働環境が厳しいことと、資格を有していてもその専門性がなかなか評価されない状況にあることが考えられます。
介護職は求人の際にも必ず視覚の有無が確認されるほど、持っている資格によりできる仕事が左右される専門性が求められる職場であります。
資格取得や勉強のためにお金がかかるにもかかわらず、現状ではあまり評価されておらず、職員はそれに対して不満を感じる事も多いと言います。
そこで、介護職の待遇改善のためには、資格に対する評価や待遇改善、給与のアップなど様々な取り組みがなされるようになりました。
介護の仕事というのは人と接する仕事であることから、人と接することでやりがいを感じることも少なくないといいます。
ただ、やりがいだけでは現実問題やっていくことは難しいので、仕事に対する評価や待遇を改善することで職員の仕事に対するやる気につなげる取り組みが求められます。

Page Top